ゲーミングモニター おすすめ ps4

ゲーミングモニターの基礎知識

ゲーミングモニター おすすめ ps4

ゲーミングモニターとは、ゲームをプレイするために設計されたゲーマーには必ずといっていいほど必要なモニターです。

 

滑らかな動きを再現するために高いリフレッシュレートに対応しています。FPSなどのゲームをプレイするにあたってコンマ1秒の遅れも命取りになるかもしれない状況があるのでモニターは、高いリフレッシュレートに対応していたほうがいいでしょう。

 

また、画面の応答速度があげられているため、残像を極力抑え、クリアな視点でゲームをプレイすることができます。障害物となる建物の残像や、風景のブレによって焦点が定まらず負けてしまっては悔しすぎますよね。

 

また、敵を視認する上で残像は邪魔でしかありません。敵はそこに突っ立っているわけではなく、常に動きます。その際に残像があってはいくらプレイスキルが高くても勝利数は落ちてしまうでしょう。

 

ゲーミングモニターはFPSゲームでの使用でのみ向いているわけではありません。

 

当然、相手の動きを見て即座に対応しなければならない格闘ゲームにもぴったりです。

 

また、TPSのゲームに対しても向いているでしょう。それに、対人でなくとも綺麗な画質・高いリフレッシュレート・画面の応答速度の速さはどんなゲームにおいてもゲーム本来の性能をすべて引き出すために必要な要素です。

 

ゲームの開発者もできることなら、そのゲームの良さを最大限に生かすことができる環境でプレイしてほしいと思うはずです。

 

ゲーム専用のモニターなんて……と考える前に、一度購入してその鮮明さに感動していただきたいと思います。

ゲーミングモニターの価格相場

ゲーミングモニターの相場についてですが、これは正直ピンからキリまであると思います。安いものは2万円以下高いものは6万円前後と性能を追求すればするほど高くなります。そのため、自分が持っている(もしくは購入する予定の)ゲーミングPCやゲームに合わせて好みのものを選択するといいでしょう。

 

また、ゲームによってはデュアルディスプレイにしたいと考える方もいると思います。それに関しては、お金に余裕がある人は同じサイズ・スペックのモニターをそろえるといいと思います。

 

話が逸れましたが、ゲーミングモニターの相場は6万円用意しておけばかなりのスペックを保有したモニターを購入することができるということです。

 

しかし、2万円以内でも悪くないものが購入できます。

 

例えば、15,000円前後で販売されていLGの27MK400H‐Bですが、最大解像度が1920×1080のフルHDで、応答時間が2msと早いので十分なスペックを有していると思います。

 

一方、6万円前後で販売されているLGの34UC79G‐Bですが、2560×1080と高解像度ですが横長のモニターで、高いけれどかっこよく、コアなゲームファンにとってはいい商品でしょう。

 

どの商品もいいところがあり、それに適した値段が設定されています。高いから良いというわけではありません。もちろん叩き売られているものでもいいというわけではないですが……。

 

一概に相場と決めつけることはできませんが、自分のPCのスペックと財布の中身と相談して決めるのが一番いいでしょう。

ゲーミングモニターのかしこい選び方

ゲーミングモニターの選び方についてです。

 

まず、ゲーミングモニターを購入するにあたって、注意してみてほしいポイントがあります。

 

1つ目は解像度です。ゲーミングモニターと称した商品としてはあり得ないと思いますが、1920×1080のフルHD以上であることを確認しましょう。その上には4Kなどといった高解像度が存在しますが、現時点でゲームをプレイするにあたりフルHDさえ確保していれば綺麗な画面でプレイすることができると思います。

 

2つ目はリフレッシュレートです。1秒あたりに画面が更新される回数をヘルツ(Hz)であらわした数値で、この数値は、一般的なモニターが60Hzなのに対し、ゲーミングモニターは120Hz以上のものがあります。リフレッシュレートは数値が高いほど動きが滑らかに見ます。また、自分が入力したコマンドがはっきりと視認できるようになるのもメリットでしょう。

 

3つ目は応答速度です。色から別の色へ変化するまでの時間のことを指し、単位はミリ秒(ms)で表記されます。こちらは数値が低いほど高速になります。主に残像感に影響を与え、反応速度の速さが求められるゲーム(FPSや格闘ゲームなど)では最も重要な要素の一つとなります。

 

ゲームをもっと楽しみたい、という感情の中にはゲームで勝ちたいというものが大きく存在していると思います。それは決してプレイスキルだけで勝ち取ることができるものではなく、ゲームをプレイする環境も重要になってきます。世界のトッププレイヤーの多くは、そのゲームに対する愛はもちろん、そのゲームを最大限生かすことができる環境を整えているはずです。

 

上記で上げたのは一般的なポイントにしかすぎず、こだわる人は細部までこだわって選択しているでしょう。また、こだわることすら楽しんでいると思います。

 

ぜひ、ゲームをプレイするにあたって最大限に楽しむためにゲーミングモニターについて詳しく知ることをお勧めします。

ゲーミングモニターを使ってみた感想

私は実際にLGの27MK400H‐Bを使用してみました。値段が安く、手が出しやすいモニターです。しかし、使ってみて一言「すごい」です。

 

27インチで1920×1080のフルHDなのでとても綺麗で鮮明にゲーム画面を見ることができます。

 

購入前に友人宅でプレイをさせてもらったのですが、その時の操作感と視覚の良好さに感動しその場で購入を決めたほどです。

 

ゲーミングモニターというものをかなり重度のゲーマーの友人に教えてもらうまでは低スペック・安価で十分なんて思っていました。下手でも楽しめればいいから、とエンジョイ勢を気取って勝ちたい欲を隠していたんですね。

 

モニターを購入するのをきっかけにゲーミングPCも購入したのでなおさらゲームに特化した環境でゲームをプレイすることができ、感動の嵐です。

 

まず、画面のカクツキがめったに起こらない。これは低スペックをつかっていたからか、かなり実感しました。環境の時点で負けが確定していたようなものです。

 

また、画面の滑らかさに驚き、このゲームってこんなきれいなゲームだったんだ、といろいろなゲームで実感しました。もちろんゲームだけでなく動画などを見る際もかなり綺麗に見ることができるので、ゲームをやらない人にとっても高スペックなモニターはあってもいいものだと思いました。

 

27インチと、私にとって贅沢と感じるモニターは、ゲームをするにあたって適度な臨場感を演出してくれています。

 

やはり、ゲームを最大限に楽しむにはゲーミングPCとゲーミングモニターが必須なんだと心の底から実感しました。

ゲーミングモニターの購入方法は?

購入方法は主に通信販売になると思います。

 

ゲーミングPCを販売しているサイトで同じくモニターを購入する場合、またAmazonや楽天などの通販サイトで購入するなど選択肢は様々です。

 

もちろん、店頭で実際に見て購入できるケースも存在していると思いますが、大きな家電量販店やゲーミングモニターを取り扱っている店舗でしか購入できず足を運ぶのが面倒くさいというデメリットがあります。

 

私のお勧めは、専門のサイトで通販購入をすることです。

 

サイトであれば、知りたい情報や詳しいスペックなどが細かく記載しており、誰にも邪魔されることなく時間をかけて吟味することができます。店頭だと、商品を見ていたら店員が話しかけてきてゆっくり見ることができなかった、なんてことが頻繁に起こりますからね。

 

また、専門のサイトであれば比較が簡単に行えることがメリットです。たくさんの商品を一度に並べている店舗はほとんどといっていいほどありません。

 

その点、ネットは商品を実際にならべているわけではないので、ページさえ移動すればいろいろな商品を見ることができます。また、別タブで商品ページを開いていれば見比べることも容易にできます。

 

通販のデメリットとしては、実際に目で確認することができないことです。サイズ感もわかりづらく、どれくらい鮮明に映るかもわかりません。数値だけを信用していいものか、とも思います。

 

しかし、これはゲーミングモニターを購入する際に限ったことではありません。通販にとって実物が見られないことは永遠の課題であり、避けられないリスクです。その危険を少しでも下げるために、信用のできる専門サイトで購入することをお勧めします。

page top